サーフでヒラメを狙う!

サーフでヒラメを狙う

サーフでヒラメを狙うには、道具と釣り場所、釣行時間が重要となります。

 

 

釣行記録

 

2017年6月10日

 

遠州灘  鮫島海岸

 

午前5時30分に到着しましたが、すでに海岸沿いには東方面も西方面もアングラーで一杯でした。
本日は、風が少なく、晴天、この上ない条件がそろっています。

 

下げ潮

 

このアングラーの数をみて、少し出遅れ感もあり、ここから福田を方面へ移動してもこの数はかわらないと判断し、
いざ、出陣!

 

海面の色が茶色く透けて見え、波が起きているかけあがりの向こうまで飛ばすため、メタルジグで遠投開始。

 

1m間隔で左右に移動しながら探っていたっが、2時間を経てもアタリなし。

 

7時半過ぎになると、帰路につくアングラーも増えてきて、横のスペースが広くなってきた。

 

ただ、釣りあげている状況は見渡せず、、、、

 

 

しかし、帰路につくアングラーの中で、2名ほど、40cm程のヒラメを引っ提げてる人がいた。

 

釣れているのは事実である。

 

本日は、これから出かけるのため、やむ終えず納竿。

 

 

ここ鮫島海岸は、駐車場があり、水道があるのがうれしい。竿、リール、ルアーをすぐに水洗いして帰れるので、
家に到着後は、ベランダに数分ほせばすぐに乾いてしまう。

 

車の中も、においが残らないのがうれしい。

 

 

 

2017年6月11日 (日)
本日も、
遠州灘  鮫島海岸

 

曇りですが、風が少なく、いい感じ、

 

5:45分頃に釣り場に到着! 昨日よりは少ないですが、本日もたくさんのアングラーが既に釣っています。
夜明けと同時、今では4時過ぎには、開始をしているのでしょうか?

 

さて、開始早々に、左の人が1枚上げていました。

 

場所は、離岸流の左サイド、私は、離岸流の発生しているど真ん中、ここが空いていましたので。

 

 

1時間ほど、粘っていました。

 

今後は、右サイドの人が、40cmクラスをゲット!

 

今度は自分の番かと、頑張っています。

 

しかし、なかなか当たりが来ません。

 

既に8時頃になりました。

 

この時間になると、帰り始める人が出てきます。

 

なんと、みなさん、ビニール袋に、ヒラメを下げて帰っていきます。

 

今日は、かなり上がっている様子です。

 

このまま、お土産なしで帰るわけにはいきません。

 

な、なんと、またしても左サイドで上がっています。

 

わ〜  悲しい、  自分だけ?  釣れてない?  

 

絶対に今日は釣って帰るんだ!  と粘っています。

 

時間は、すでに10時です。

 

この時間になると、朝から入っていたアングラーは、ほとんど釣り上げて、帰っていきました。

 

風がだんだん強くなって、曇りでもあり、体が冷えてきました。

 

サーファーがだんだん増えてきました。

 

絶対に釣る! という気持ちがだんだんと薄れてきてしまい、ついに、10時半に断念!

 

しかし、

 

ここ、鮫島海岸でも、十分にヒラメが釣れることを本日は体感しました。

 

来週もまた、天候次第ですが、挑戦したいと思います。